FC2ブログ
アニメ・ゲーム・ドラマ他 音楽系二次創作が基本のページ                ①耳コピMIDI制作 ②UTAUボカロ打込 ③MAD制作 ④TV・PCゲーム遊んでみた他
2019年11月05日 (火) | 編集 |
ヒトカラ音源にナナちゃんプラスした感じw。

ちなみに‥南原ちずるは俺の嫁‥←ウソをコケ

【追記】
それにしても、コンバトラーの最終回の件だけど‥あれって確か‥コンバトラーは敵に再起不能なまでにボロクソに破壊され動けなくなり、もうすべてが終わりかと思ったら天より平和の使者(宇宙人?)が突然現れ、全て解決して終了みたいなとこあったよね?苦笑。

あんまよく記憶してないけど、確かそんな感じで「は??‥それじゃこれまで必死で戦ってきたコンバトラーの立場はどうなる??」とか目が点になったことあったし、以前は「ありえない」の一言で片付けてたとこあるんだけど‥ただ見方変えると実は素晴らしい作品なのか?思うことが。

結局「人間の科学力とか武力如きでは解決できないこと、かなわないことはこの宇宙には存在してる」「人は決して神ではない‥傲慢になるべからず」的なこと言いたかった面もあるのか?とかねw。
←まあ子供の時はそんなことはあまり気にならず、ロボット合体とか変形ばっかに意識行ってたけど、今は合体シーンとかは早送りで飛ばすような傾向ありで、むしろ物語にばかり意識行くとこあるけど。

でもまあ‥コンバトラーもその平和の使者が来るまで地球を守ってたのは事実だから、彼らの存在もムダではなかったんだろうけどね‥。

自分なんかもこれまで平民と乞食の中間位置とでもいうべき派遣生活を散々してきた中で「話しあいだけでは決して解決できない獣みたいな人間」を散々目にしてきたし、武力や圧力も時として必要な場合もあるし無意味とは考えてはいないとこはあるからな‥自分。
まあ当然ながら話し合いで解決する最大限の努力は必要とは考えてるけどね。

でもやっぱ‥あの最後辺りのストーリー展開は突然すぎた感もあるし‥何か大人の事情があったのか‥その点はわからんけどw

その点「闘将ダイモス」なんかはストーリーが相当濃厚だった記憶あるけど。
あれはむしろ大人向けよね‥。完全に政治と恋愛がテーマだろうし。
←あれは‥結構新しめのアニメだと「アルドノアゼロ」なんてあったけど、あれに明らかに影響したであろう感じあるしなあ。

まあダイモスは恋愛がメインか‥だから絵の感じもどことなく少女漫画風な感じあるしなwww‥エリカの顔とかまさにそうでw

あれ?‥そういやボルテスの最終話がまったく記憶にない‥。
なぜだ‥←知らん
あれも結構好きで観てたはずなのに。
父親がキーワードみたいな作品だというのはED曲とか聴いてもわかるわけだけど‥詳細が‥。

いうか大人になってから観返してなかったか!?
近いうち観てみるか‥。


スポンサーサイト




トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック