FC2ブログ
アニメ・ゲーム・ドラマ他 音楽系二次創作が基本のページ                ①耳コピMIDI制作 ②UTAUボカロ打込 ③MAD制作 ④TV・PCゲーム遊んでみた他
2020年02月22日 (土) | 編集 |
「一人ひとりの心がけ、予防対策が重要」と言いながら、娯楽番組と気持ち悪い通販番組垂れ流しのテレビ。これじゃ本気で危機意識持つ人も少ないだろうよって。

中国の方々は、今はマスクが手に入らないってことで、着ぐるみきたりプラスチックかぶったり、なりふり構わず個人で対策してる人多いらしいけど、「その点に関しては」中国の方の方が適切な対応だと思うのは自分だけ?

明らかに危険なものが蔓延してる状況なのに、周りの目、表面の綺麗さばかり気にし、そして「自分らはウィルスになんて屈しない・オロオロする程腰抜けじゃない」的おかしなプライドの高さのせいで今は感染拡大してるんと違う?思うこと多いし。

「命が最も大切」言っておきながら、結局「自分の立場が最も大切」って連中で溢れてるから感染が拡大し続けてる、それだけの話じゃないかと。

そして一番厄介なのは今年国内で行われる某巨大祭典。

あれの開催や集客に影響与えないために、本来未知なる危険な可能性大なものを必死でそうでないイメージ作るためにエネルギー使ってるような状況なんだろうし。

でなきゃ前話したように「テレビの端に常にウイルス関連情報表示する」くらいやるべよ?
なぜやらん?って話。
これが一番国民の多くに素早く伝える最良の方法だべよ。

ほんとここまでこの国は落ちたか…と。国民の命二の次。

まあインフルみたいに季節変われば減少するウイルスなら救われるが、そうでなければ感染爆発120%確定だろうな。

いうか、新たに陽性確認された方が相当増えてきてるわけだけどさ、その人たちも病院行って検査したからわかったわけよね?

病院行くとなれば当然ながら混雑したバスや電車も使う可能性大だろうし、街の人ごみの中を歩くこともあるだろうし、病院に着いたら着いたで病で抵抗力低い人も大量にいるわけよね‥。

あんだけ感染力高いウイルスなんだから既に間違いなく一人二人、いやそれ以上に感染させた可能性は高いだろうし、そしてその感染した方々がまた感染したことも知らずに同じように人ごみを歩くわけっしょ…。

もし仮にこの先、陽性の人判明の情報が限りなく減る、もしくは消えるなんてことあれば、それは間違いなく情報自体消されてると考えるのが自然と考えるべきかも。
とにかく隠蔽大好きな連中で今は世の中溢れてるわけで。

中国の人々じゃないけど、ほんま自分自身の頭で考え、なりふり構わず対策しないと生き残れないような状況になってるのかもな。実際のとこ。

「気がついた時には国内誰もいなくなった…」
なんてことにならないことを願う。

それと毎度思うことなんだけど…「土曜の朝」いうのはどうしてこうも報道番組少ないんだ?と。

確か前ウイルス関連記事書いたのも土曜だったと思うけど、ほんま娯楽情報ばっか溢れててウイルスのウの字も見えない時間帯がいかに多いことかって。
今なんぞ地上波だけでなくBSの領域までチャンネル回してるのに一切流れてないんですけど?

本来休日である土日こそこういう情報流すべきなのにこの状況なわけよね…。
今のこの危機的状況下で流さないって…今流さずいつ流すつもりだ?

ほんま心の底から言いたい…欲深い、命二の次のクソ野郎どもが…と。
自分の両親・祖父母がまさにそういう人間だったから余計に腹がたつねん。

まあ自分も欲深い面は同じだが、ただ国民に多大な影響及ぼすこういうテレビの存在がこれでは、庶民の多くも考えなしのバカになるわな…と。


追記
今どっかの教授が「我々日本は中国の某都市みたいにすべての活動停止させることができるのか?できませんよね?」言ってた。

で、「ウイルス怖いけど、就活のために地方から東京に行かなくてはならない」という若者のコメントなんかも出てたけどさ、そんなに怖いなら止めたら?東京での就活ってそんなに大事なのか?って。

なにも人間、生きられるのは東京だけじゃなかろうに…。

いうか、この若者の親は止めないのだろうか?
これだけテレビで「人ごみはできる限り避けるべき」言われ、子が未知なるウイルスで命の危機感じて不安がってるのに…。

この若者が問題いうよか、「とりあえず今回は東京行きは止めときな!」と言えない、命より企業やら社会的立場を優先させる大人がクソだって話だわな。

こんな凝り固まった、自由無き考えがある限り救いようないのかも。

今回の件で「人命関わる危機的状況時でも逃げることも停止することもできない、融通きかない社会」いうことが明らかにになったとでもいうか…これこそがこの国の最大の問題だと思うわ…。
それは311の時も感じたことあったが…。

そういや、子供たちの命や心の事を考え、一時期「ゆとり教育」が騒がれ、少しは自由利く社会に向かうのか?思ったのも束の間、その後はむしろ子供たちの学力低下が酷いいう理由で無いものにされてもうた感あるけどさ、こういう学歴だとか社会的立場とか会社のためだとか金稼ぎのためとか、そういうのにこだわりすぎた融通利かぬ社会いうのは、こういうウイルス系な危機的状況が訪れた時はむしろダメージ大きくなる…そんな感じあるなと実感。

これからも我が国はこんな状態を続けるつもりなんだろうか?国民はそんなの望んでるのか?‥と。

いうか、学力低下がなんぼのもんじゃい、って。
大学なんぞ出なくとも楽しく生きてる人はいるだろうし、逆に大学出ても世に虚しさしか感じられない人間もいるだろうに…。

「我が子の命が危険にさらされること・失うこと」
「我が子の学力が低下すること」「我が子が一流の大学や企業に就職できないこと」

…それが等価値ってこと?…ってことになるよな…この国の親・祖父母たちの多くの考えは…。
自分の親なんかもまさにそんな感じの親だったけどさ。

まあそうだとするなら一生やってろよって感じ。救いようない。

人間死んだらそこでゲームオーバー…やり直しも利かないんですけど?‥それでも学力やら企業やら金儲けを優先するのか?‥少し立ち止まることも許されないんでしょうか?この社会は…。

そういう話。


スポンサーサイト