FC2ブログ
アニメ・ゲーム・ドラマ他 音楽系二次創作が基本のページ                ①耳コピMIDI制作 ②UTAUボカロ打込 ③MAD制作 ④TV・PCゲーム遊んでみた他
2019年08月02日 (金) | 編集 |
ちはー。今回はUTAUボーカロイド「歌幡メイジ」様使用で制作した物まとめっす。



あとは‥激短動画も‥w


【制作話】
ハルヒ~に関しては‥初めの短縮版の映像はMMDで制作。バックダンサーは「けいおん」の憂ちゃんと純ちゃんww。その後フルを追加‥これはMMD無し。

玄武~に関しては‥メイジ様の声のみ制作。米倉様の迫力はちと表現しきれてないかな?思うけど、ただ個人的には満足レベルに仕上がってありますw。

ゲッター~に関しては‥メイジ様の声と映像白黒加工。本来ささきいさお氏の重低音声の歌ですが、女性声にしたらどんな感じやろ?と試しに作ってみた感じw。意外にイイ感じ。

こんな感じっすね。

とにかくUTAUにおいて正統派な歌唄わせたら右に出る者いない?思える程毎回素晴らしい歌を聴かせてくれるのが「歌幡メイジ」様であります。

ただ毎回使用する際は声を「g-2」以下にして声を細くして使用する場合多し。今回もすべて「g-2」以下。※デフォルトは「g0」‥数字を大きくすれば声が太くなり、小さくすれば細くなる模様。

声を細くするとなにやら声優の加藤英美里さん(らきすたの柊かがみの人)みたいな声になるよねw・・・違う?苦笑。


スポンサーサイト



2019年08月01日 (木) | 編集 |
世で言う「でんどんでんどん」系BGM制作物まとめw
①トップをねらえ!ガンバスターマーチ
②らきすた バンガスター?(苦笑) 
③中二病でも恋がしたい 戦闘曲w


なんかティンパニーがあるこれらの曲ってなんか「凄そう‥」なイメージあるよねwww。←意味わかんねえよ。
それになんかこう力がみなぎってくるというか、そんな感じがして好きww。

①番のは本家のガンバスターマーチ。やっぱり音楽として一番洗練されてる感あるのはコレよね。何せあの田中先生の曲やし‥とにかく作るの相当困難を極めました。
いうか耳コピな上に音取れない箇所は個人で勝手にこんな感じかな?と打ち込んだんで正確ではない所多数かとは思いますが。

②番のは‥バンガスターと名づけられた、らきすたの曲。名前からして①のモノマネなのは確実w。京アニ作品はこういうイサギヨサが好きだww。

③番も‥京アニのデンドンで中二病~のBGM。ただ②のバンガスターよりは本家とは離れてる感じはあるかな?。他二曲はスネアドラムが途中から入るけど、この曲にはそれが無いし。

まあ動画に関しては以上ですww。

それで作品の話に移りますが、トップをねらえ!学生時にもう~~~狂おしいまでにハマった作品。
かの有名な庵野監督の作品だから我々が想像もできない奇抜な内容が我が心をグッと掴んで離さなかったいう面が大きいけど、それ+α、キャラが可愛い上にスタイルいいし、そしてこの田中先生の大迫力BGMの数々なわけっしょ‥。

ハマらないわけないだろっ!!‥ってw

当時はヒロインのタカヤノリコがたまらなく好きで、こんな可愛いナイスバディな彼女できたらなあ‥と暇あれば妄想しモンモンとしてたものだが‥大苦笑。

ただ中年になったアマノカズミ(お姉さま)もたまらなく良かったな‥とw。
彼女は若い頃よか中年のショートヘア姿の方が美しい思うのは自分だけだろか?。女性は年齢じゃない。←アニメでんがな。

ただそんな神作トップにもどうにも馴染めなかったのは‥最終話をなぜ白黒にしたのか?という点。
さすがにもう慣れたけど‥これにハマってた若き頃は「何で白黒にしちまったんだっ!?ノリコの可愛さが半減してまうやろっ!!」とか、本当に苦しいまでに嘆いてた自分がいたなとww。

やっぱこの世は色があってこそなんぼ、刺激的、いうのは自然豊かな沖縄生活したことある自分はつくづく感じる面あるけどw。

そういや沖縄いえば、ノリコのいた宇宙学校は沖縄だったよな。
トップの話もまだまだ先の未来の話だと思っていたら、なんと「るくしおん艦隊」が消息絶ったのは2015年‥。
現在2019年なの思えば「もう4年も過去の話やないかいっ!!」いう驚き&悲しき事実‥。
「うあーーー‥拙者も年取るわけだわー」とか声に出して嘆いてしまったわ‥。

ただ現実はアニメのように進化しなかったな‥とも。
いや、宇宙船どころか、いまだにゴム製タイヤのガソリン車が普通に走ってるわけでw。
まさかここまで進化遅れるというのも想定外だったわー。
←まあ正確に言うなら「進化されては困る人たち」がいるんだろうけど

自分が若かりし頃は「あと20年もすればガソリン車は姿消してるの確実だろな‥排ガスどうこう騒ぐこともあるまいよ‥」と確信もって話してたとこあるしw。

って話ズレた。話戻すけど‥あとはトップといえばウラシマ効果は刺激的だったなあー。あの理論も正しいのかどうかは別として、当時は悩みの塊のような人間だった自分にはこういう非常識極まりない話がどんだけ心の救いになったかわからない。
「まだまだ自分もやっていけるかも?この世は不思議でいっぱいなのだからまだ諦めるには早すぎるか‥」とかね。

自分の心を救ってくれた作品はなのは間違いない。
まあ内容は‥凶暴な上に超巨大な宇宙怪獣が星の数ほど地球に攻めて来るって絶望的な話なわけだけど、それでもその困難を乗り切ったノリコたちの姿に本当に力づけられたもの。アニメとはわかっていてもねw

そして‥トップにハマった時代から数十年後。以前に比べりゃアニメとも縁が薄くなった生活してた拙者だったけど、久々に何か今のアニメでも観てみるか‥と丁度目にしたのが「らきすた」。
日常我々がよく考えるであろうことをしっかり映像にしてる作品で、トップ以外にもガンダムとか頭文字Dとかパロのオンパレードに草。

そして変態気味の父を持つ泉こなたという主人公の仕草の可愛さの虜に。←まあこなたの母かなたの方が萌えるけどなw。
まさか中年になってコレ系のアニメにドハマリするなんて考えもしなかったわ。

そしてその後に観た「けいおん」で更に京アニ作品にドハマり。あれは、らきすたをはるかに超える「萌え」w。
本当に何ともいえない癒しパワーが京アニキャラにはあるし、孤独な独り者中年には何か子供や孫でもできたような妙な安らぎをもらえる‥苦笑。

で中二病~に関しては、観たのはそれから相当後‥というか2年くらい前かな‥苦笑。でもやはり京アニキャラ‥萌えないわけがない。

あくまで個人的好み・感想ではあるけど、凸守&モリサマ様、この二人の格闘こそがこの作品最大の魅力だと感じてるw。
まあ主人公の「ダークフレームマスター」とか、ヒロインの「邪王真眼」も相当~~にウケるんだけど、やっぱ凸&モリサマのパワーには及ばないw。
その中でも今回の動画で取り上げた戦闘シーンとか、生徒会長本選のモリサマスライド映像とかあの辺りが最強w。生徒会長選はあれ‥全校生徒の前での公開しょけいよねwwww

それと京アニいえば‥「響けユーフォニアム」も全部見た。
ただ1は人間関係ギスギスしすぎて観てて辛いばかりなイメージだったな‥。
それに対し2は凄く気持ちよく観れた記憶あるけど‥ただ人間お互いが理解しあうにはぶつかることは避けられない‥そういう話だろうから、当然1があってこその2なのはわかるんだけどね‥。
ただ1は一度見たら2度は観たくない雰囲気はあるよなって‥。人間関係の嫌な面における描きこみがリアルすぎて辛いw。まあ本来、それがこの作品が評価される最大の理由だとは思うんだけどね。

それとあの作品の映像の美しさは一体なんなんだ?w。
劇場版だったか‥河川敷のアスカ先輩のシーンの美しさは特にハンパないよな。現代アニメの頂点極めたか?思えるような映像だったわ‥アレ‥。
人というより‥むしろ宝石の輝き見てるような感覚になる‥ユーフォは‥。金管の描き込みもハンパなく美しいし‥。

って‥さすがに書き疲れたんでこの辺でボヤキ終了にしますw。突然ですんません。ではーw←ほんま突然やな